FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検 証 結 果
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!
なでしこFX                  評価:お気の毒なEA!
FXコア パート1  パート2    評価:危険EA!!
SunSetFX      評価:安全な損小利小のEA!!
新世代 FX王 No.4      評価:能力不明なEA!!


特典記事


当ブログ重要記事
EAについて


ギリシャのサマラス首相は、相次いで独仏首脳と会談しました。




独首相、ギリシャ支援条件緩和で譲歩せずトロイカ報告待つ姿勢堅持

ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPTJE87N00820120824



ギリシャ支援、トロイカ査察団リポート後に決定すべき=仏大統領
ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPTYE87Q01C20120827







ギリシャ
ギリシャ (トリップアドバイザー提供)



独仏首脳のサマラス首相に対する言葉は全く同じで


・ギリシャがユーロ圏に留まることを望む


・欧州委員会、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)のトロイカ査察団がギリシャの財政状況をめぐる最新リポートを待って行動




でした。






これは、すでに独仏首脳は23日に意見調整を行っています。




全く同じになるのは、ドイツのメンケル首相とフランスのオランド大統領のものもとのスタンスが違うため、お互い縛りあったと思われます!!




メンケル首相は緊縮財政策を支持し、オランド大統領は成長支援の支持しているため、細かいところではぶつかることになります。






また、メンケル首相のお膝元のドイツ国内でギリシャに対して許しが無く、ギリシャがユーロ離脱してもかまわないという意見も多くなってきており、メンケル首相の緊縮傾向への後押しも強まってきています。



いずれにせよ、独仏首脳がトロイカの報告書を待つというなら、周りもそうせざるを得ません。





トロイカの報告書がまとめられる10月まで、サマラス首相は何ができるのか?



ユーロ圏世論に直接訴える方法があると良いのですが。


------------------------------


現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kirakawa21.blog.fc2.com/tb.php/275-5063d132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。