FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検 証 結 果
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!
なでしこFX                  評価:お気の毒なEA!
FXコア パート1  パート2    評価:危険EA!!
SunSetFX      評価:安全な損小利小のEA!!
新世代 FX王 No.4      評価:能力不明なEA!!


特典記事


当ブログ重要記事
EAについて



先回の記事(米国の貿易政策、大統領選の結果には左右される周辺国(特に日本) ) で、周辺特に日本における影響を書きました。



今回も大統領選による影響について考えてみたいと思います。




アメリカ国旗




1.対米連邦準備理事会(FRB)




大統領選のロムニー共和党候補が副大統領候補にライアン氏を指名したことにより


米共和党副大統領候補ライアン氏、FRBの権限を制限する可能性も
ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPTK818197420120820






 ロムニー氏は既に、債券購入を通じたFRBの景気刺激策第3弾が、景気回復に向け大して効果があるとは思えないとの考えを示している。




 また同氏は、2014年1月31日に任期が終了するバーナンキFRB議長を再指名しないとの意向も示している。






市場は、ライアン氏報道後も、支持率が上がらなかったので、市場の緩和期待も維持されているとみられています。

ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/jp_BRICs/idJPTYE87D03D20120814






ただ、ライアン氏指名により、バーナンキFRB議長の心中穏やかではなくなると思われます。



ただ、量的緩和第3弾(QE3)期待も、実施材料が減ってきたので、量的緩和第3弾(QE3)実施よりも、政府によるFRB介入に対する警戒を強めることとなります。




ロムニー氏、米FRB監査の必要性を主張

ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/marketsnews/idjpjt818264220120820







2.選挙争点


ライアン氏は、富裕層の税負担を減らす税制改正やメディケア(高齢者向け公的医療保険)などの社会保障制度にメスを入れる歳出削減案を策定したことで知られる。



そのために、ライアン氏のスタンスに対し、民主党は、攻撃するため、これが争点化してきます。




特に共和党は、ライアン氏の歳出削減案が選挙に与える影響を懸念しています。


米共和党副大統領候補にライアン氏、歳出削減策が争点に

ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/jpuselection/idjptye87b00u20120813?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0





ここで、争点化した関係業界は、ひやひやものですね!!




今後も、両党、両候補の発言は、今後においての決定権は欠くものの全世界をひやひやさせますね!!



------------------------------
現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX


前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kirakawa21.blog.fc2.com/tb.php/268-1a85e5a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。