FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検 証 結 果
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!
なでしこFX                  評価:お気の毒なEA!
FXコア パート1  パート2    評価:危険EA!!
SunSetFX      評価:安全な損小利小のEA!!
新世代 FX王 No.4      評価:能力不明なEA!!


特典記事


当ブログ重要記事
EAについて


米国の貿易政策、大統領選の結果には左右されない見通し
ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/jp_forum/idJPTYE87G03420120817




アメリカ国旗




今回のロイターの記事は大統領選における共和党のロムニー候補と民主党のオバマ大統領の政策の違いについて書かれていますが、Kiraとしてはその政策の中身の違いにより、周辺国の対する影響が気になりました。







今年の米大統領選では、自由市場を標榜する共和党のロムニー候補と慎重姿勢の民主党のオバマ大統領の対比が際立っている。ただ貿易政策の面では、どちらが勝とうとも米国は自由貿易協定(FTA)を拡大し、中国と対立する構図が続きそうだ。

要約しますと政策の違いは単に戦術の違いであって、方向性は似ているとするものです。







この中で

オバマ大統領…FTAに韓国など3カ国の議会承認、環太平洋連携協定(TPP)交渉にメキシコ、カナダ、マレーシアを参加させた。





ロムニー候補…中国への対抗措置として新たな巨大なFTA、「レーガン・エコノミック・ゾーン」を提案している。




実は、「レーガン・エコノミック・ゾーン」という言葉は、Kiraは初めてなんですが、そのまま文字をから解釈すると拡大FTA+反中国の経済圏ということでしょうか?前の記事(中国の思惑通り?:ASEAN外相会議 )のように、アジア経済圏への中国進出はめざましく、それに対抗しようというものだとしれば、もし、

ロムニー候補が当選すれば、TPPより、「レーガン・エコノミック・ゾーン」が優先される可能性が高いと見ています。







かつて、2010年10月13~14日に開かれたAPEC首脳会議の首脳宣言において、FTAAPは「ASEAN+3、ASEAN+6及び環太平洋パートナーシップ(TPP)協定といった、現在進行している地域的な取り組みを基礎として更に発展させることにより、包括的な自由貿易協定として追求されるべきである」され、「APECの地域経済統合の課題を進展させるための主要な手段である」と位置付けられている

(アジア太平洋自由貿易圏 - Wikipediaより)

http://ja.wikipedia.org/wiki/FTAAP







ASEAN+3、ASEAN+6、TPPの中で、実質進行しているのは、TPPだけです。



あれだけ、野田首相が頑張ったのに関わらず、アメリカは煮えきらず、オマケにロムニー候補は、反対の意向だし

47NEWSより)

http://www.47news.jp/news/2012/08/post_20120804173903.html






やっぱり、ここでも日本は蚊帳の外です!!




この貿易政策は一例で、他の政策も注視しなければなりません!!



ロシア、韓国、アメリカ、中国と今年は首長が変わる重要な年。その選挙結果に右往左往す日本は何でしょうか!!残念ですが、現実です。


------------------------------
現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX


前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kirakawa21.blog.fc2.com/tb.php/265-852d17ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。