FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。

FX EA 初心者の方へ

当ブログについて

当ブログは、私の経験を元にしたFXの記録です。


FXの基礎や勉強している中で気づいたこと、有用な考え方、経済ニュース、発表された経済指標のご紹介をします。
そして、タイトルにありますEAの検証記事を随時発表していきます。

なにぶん、すべてが初めてですので、良く言えば辛口、つまり常識外れの記事をアップしたり、初めはこう書いているのに知識と経験の蓄積の後、内容が変わったりしますがご了承ください。

また、ご意見、ご感想とかございましたら、是非、メッセージをお送りください。

Kira Hermesへのお問い合わせは

kirakawa21☆gmail.com

(☆を@に変更してください)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたは何派?の第四弾は?


あなたは



手動売買派?









自動売買派?




です。




FXの世界では、手動売買という言葉はほどんど使いませんが、この記事に関しては使わせて下さい。いずれ、この件について記事を書かせていただきます。



さて、この意味は読んで字の如く、注文の出し方の違いで、その都度、注文を出す方法を手動売買注文をある条件をソフトウェアで認識させ、それにより、注文を出す方法を自動売買と言います。






世界中のトレーダーは、両方の売買の方法を採用しています。では、一体、どちらが良いのでしょう?



それぞれ、メリット、デメリットを考えてみましょう!!



その前に一つだけ、確認しておきたいことがあります。それはこの2つはあくまで方法であって、目的あるいは目標ではありません。
ということは、この方法の選択の前に必ず、目的や目標があるべきでしょう… というお話です。



言い換えますとその目的や目標に従って、方法が選択されるべきです。






では、まず、FXトレードを行う目的や目標を想定しましょう!!


発想の貧困なKiraも考えてみました。

1.儲けるため

2.小遣い、へそくりを増やすため

3.資産を増やすため

4.トレーダーの気分を味わうため


すみません。このぐらいしか浮かびません。<(_ _)>


1~3までは結果(実績)出すということでまとめられます。

ということで、実績を出す、トレーダーの気分を味わうで、それぞれの方法に当てはめて考えてみます。



まず、”実績を出すため”は、


手動売買を行う、自動売買を行うの選択は、個人のスタイルによります。どちらが実績を出し易いかは個人差がありますし、好みもあるでしょう!!これについては、後でじっくり考えます。



次に”トレーダーの気分を味わう”

実績は考えないとするならば、個人の好みです。ただ、数あるトレーダーのすることの中で一番トレーダーらしい作業と言えば、チャートを見ながら、注文を出す時ではないでしょうか?となるとどちらかというと手動売買のほうが、その実感が得られ易いのではないでしょうか?!

これについては kira判断で

手動売買 > 自動売買

でしょう。



では、”実績を出す”を掘り下げてみます。




FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-為替相場




実績を出すためにはどうしたら良いでしょうか?




・勘を鍛える、予知能力を向上させる

 これも一つの手段です。この場合、自動では意味が無いので、手動売買となります






これは難しいとおっしゃる皆さんには、以前の記事では、自分ルール(売買ルール)を準備し、実施することをお勧めしました。


そう、この自分ルールを機械的に実施することです。


手動売買でも自動売買でも利用可能です。

ただし、
手動売買の場合は、感情を押し殺して自分ルールを適用する場面があるかもしれませんが、自動売買の場合は本人の気持ちに関係なく、実施することができます。




例えば
ある通貨を上がることを見込んで、買いました。ところが、急に急落し始めました。

損を最小限に抑えること

は、FXの世界では一番大切なことと言われますが、この場合、損切りをするのが、適切ですが、

もし、手動売買ならば、自分で損切り注文を出します。自動売買ならば、ソフトウェアに従って行います。
ただ、手動売買ならば、損切りをせず、持ち続けることが可能です。いつか上がるだろうと思って、損切りしなかったが、ますます下がってしまい、大損をした。


こう考えると、自動売買は走りだしたら、途中変更ができないが、手動売買なら直前で、損切りをしないという選択もできます。これは、手動売買のメリットで、自動売買のデメリットです。


ただ、この場合、損切りをすることが重要なので、いかに早る気持ちを抑えて、ルールに従うかが問題となります。


自動売買なら、自分の気持ちを考えず、ルール通りに実施してくれます。
手動売買は、気持ちのコントロールが必要です。

この部分については、手動売買はデメリットで、自動売買はメリットがあるということになります。


ここでは、
直前の変更ができるか?は

手動売買 > 自動売買




自分の感情をコントロールできるか?は

手動売買 < 自動売買



他には、自動売買の場合、24時間、パソコンは電源を入れっぱなし。そうなれば、ウィンドウズやパソコン自体がなんらかの原因で、止まったりするリスクはあります。
この場合は、

手動売買 > 自動売買


となりますが、実は、24時間、パソコンを起動していなくても、24時間売買できる方法があります。これによって上記の問題は解決されます。(また、記事に書ければと思います。)



皆さんは、手動売買、自動売買、どちらを選ばれますか?


伝説のトレーダーは、感情をコントロールして、結果を出してきたと聞いております。

感情をコントロールするということがある意味、自分との戦いと見ることができます。



なので、
Kiraは、初心者の方はもちろん、皆さんに自動売買をお勧めします。



まだまだ、FXトレードを行う目的や目標はあるかもしれませんが、この記事の通り、検証すれば、どちらを採用できるかはわかると思います。



あと、実績を出すためには…
のお話はまだまだありますが、ここの記事のテーマからは外れてしまいますので、また、いずれ記事にさせていただきます。


FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-TOPIX


FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-linel
応援(クリック)お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
あなたは何派?の第三弾は?


裁量トレード派







システムトレード派?




なんですが、もうすでにこの記事は書いてしまってました。(;^_^A


4月4日付け”自分ルールを準備しよう!!”でです。



裁量トレード:感覚的にその場で判断して売り買いをするトレードです。




システムトレード投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法
Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89


そう、”自分ルールを準備しよう!!”で書きました自分ルール=一定売買ルールのことです。





改めて
予知能力か本当に勘の良い人以外はシステムトレードをオススメします。



なぜなら、特別な能力がなくても誰でもできる方法だからです。




FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-株価




しかし、簡単では無い!!

理由は
1.自分ルール(一定売買ルール)の作成は簡単ではない
2.ルール適用は甘えなくドライに!!感情を押し殺すことが簡単ではない


では、まず、1.から
1.自分ルール(一定売買ルール)の作成は簡単ではない


「自分ルールを準備しよう!!」で書きましたポイントの中で
”・気づく度にバーションアップさせる。”は、
専門用語で検証(広義の意味で)と言います。



この検証は、
・ある一定期間(例えば10年間)の過去データを利用してテストをしたりします。(これをバックテストと言います)
・このバックテストの結果を元にルールをバージョンアップさせます(これを最適化と言います)
を繰り返します。



過去データを用いて、テストをして、バージョンアップさせる。
そのルールを使って、ドライに実行。

基本、これで良いのですが、実はここには落とし穴があります。



実はこの過去データ専用のルール作りができてしまうのです。過去データいえども実データです。そのデータなら絶対勝てるルール作りは可能です。
当然の話ですが、この時のデータでは100%勝ちますが、他のケースでは全く勝てないというルールができてしまうのです。

これをカーブフィッティングと呼んで、警戒しています。



できるだけ、長いテスト期間と数多いテスト回数での対応が必要です。




FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-グラフ




次の
2.ルール適用は甘えなくドライに!!感情を押し殺すことが簡単ではない

ですが、

取引実行時の自分ルール適応に、感情に流されず、淡々とこなせるかという問題です。




これについては
あなたは何派?第四弾で書いていこうと思います。

FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-linel
応援(クリック)お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村
先回、同じタイトルで”予測の方法”について書きましたが、実際、FXに関わってみると、何派?と聞くことのできる材料が多数揃っています!!


初心者の皆さんのために(実は自分のために!!)、シリーズ化してご紹介していきたいと思います!!


で、今日は


スワップ取引





為替取引


です。


スワップ取引FXでは2つの通貨を交換しますが、その通貨間には金利差があります。低金利通貨を売って、高金利通貨を買う事で、差し引き金利差を儲ける取引です。

低金利通貨を売って、高金利通貨を買ったら、長く持ち続けることによって、日毎に金利差が受け取れます



為替取引例えば対象を米ドルとすると米ドルが安い時(ドル安)の時に買って、米ドルが高くなった時(ドル高)に売ることによって儲ける取引です。FX定番の取引です。



この2つを並べて、何派と言って良いかは異論があると思います。


入門書を見れば、必ず、スワップ取引について書かれていますが、
大抵、FXをやっていると言えば、為替取引のことで、スワップ取引ではありません。


どうしてか?


スワップ取引限定とするとかなり高いリスクが生じやすいため、ほとんどの方がスワップ取引を限定とせず、為替取引といっしょに考えるものという認識になっているからではないでしょうか?




スワップの注意点


1.金利は変動します。プラス、マイナスが入れ替わることもあります。


2.スワップで儲けたより、為替の値動きでで損をすることもあります。


3.スワップは、買いでプラスなら、売りでマイナスになります。為替取引の場面では、売り注文を出す時もあるので、その時はスワップはマイナスとなります。


4.プラスのスワップの売り買いをすれば、長く保持すれば、溜まっていきますが、その長期保持の時に上記のようなことが起こり、大損することがあります。


5.為替取引同様レバレッジがかけられるので、実際のお金以上の取引ができます。レバレッジ10倍なら儲けも10倍そして損も10倍となります。


6.金利差(スワップポイント)と決済は取り扱い会社によります。あらかじめ、確認してください。



kiraの結論:スワップ取引とは?
為替取引と並ぶ、取引ではなく、むしろ”レバレッジ”のようなものです。賢く使えば、プラスの儲けとなり、使い方を誤ると(忘れたりすると)痛い目にあうものです。


それぞれ考え方、使い方がありますので、実際に使ってご自分のスワップ取引を確立してください!!





FXで何派といえば?

予測の方法を指しているようです。

ファンダメンタル派



テクニカル派

というのが二大派閥です。



ファンダメンタル派は経済指標や金利の変化やニュースを分析して為替動向をみる一派



テクニカル派は過去に値動きをグラフにしたチャートを用いて分析する一派

です。



派閥といっても、どちらかを選択して、所属しないといけないわけではなく、Kiraとしては両方が見れるようになりたいと思っています。


ブログにニュースを載せているのも、ニュースから分析できることを願ってのことです。



今後、このブログでも、具体的な経済指標を見たり、チャートで動きを確認していこうと思っています。


個人的には、誰か予知能力派確立していただけたらと喜んで参加しますが無理ですか?!!( -.-) =з
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。