FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。

FX EA 初心者の方へ

当ブログについて

当ブログは、私の経験を元にしたFXの記録です。


FXの基礎や勉強している中で気づいたこと、有用な考え方、経済ニュース、発表された経済指標のご紹介をします。
そして、タイトルにありますEAの検証記事を随時発表していきます。

なにぶん、すべてが初めてですので、良く言えば辛口、つまり常識外れの記事をアップしたり、初めはこう書いているのに知識と経験の蓄積の後、内容が変わったりしますがご了承ください。

また、ご意見、ご感想とかございましたら、是非、メッセージをお送りください。

Kira Hermesへのお問い合わせは

kirakawa21☆gmail.com

(☆を@に変更してください)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検証中のEA
CrossFire FX 無料お試し版


当ブログ重要記事
EAについて

今回は、フォワードテストと実行について書きます。



まず、フォワードテストについてですが、

皆さん、"フォワードテストとは"でPC検索してみて下さい。




サーチ


以前、初心者の最初の難関:新出単語の壁  の記事を書きましたが、



フォワードテストもいろいろな意味が出てきますよね?!




>フォワードテストというのは、バックテストでシステムの有効性を検証した後、パラメータ等の調整を行った上で行う検証テストのことをいいます。


とか


>フォワードテストとは、実際の取引のことを言います。

とか


>デモ口座でEAを走らせることをフォワードテストといいます。

とか


>バックテストを最新日付までのデータに対して行い、明日以降(未来)の市場でもシステムが機能するか確かめる方法です。運用直前の最終確認として行われる検証方法です。


とか


>例えば、2000年から2007年のバックデータを持っている場合に、2000年~2006年までのデータでバックテストをおこない、パラメータを決定します。そのシステムに対して、今度は2007年のデータに対して検証し、システムが機能するか確認するというわけです。


とか


(最後に2つは、2種類あるということで、2つの方法を紹介してました)





どれが本当?





ということになりますが、Kiraの認識は、実際の取引です。




ただし、テストという限りにはテスト運用です。ある一定期間、実際の運用をしてみて評価する方法です。





Kiraとしてはそのように定義して話を進めます。こっちが良かったということであれば、また、ご報告させていただきます。



ここでは、フォワードテストの意味はいろいろあるということだけでも認識してください。






PC




さて、テストとしての取引をスタートします。つまり、EAの実行ということです。




まず、してはいけないこと。

実行して後、すぐに損が出た時に、EAを止めることです。




先輩の声では、最低3ヶ月と聞きます。3ヶ月、実行してみて下さい。





3ヶ月が良かったならば、本稼動です。本稼動と言っても、3ヶ月後もそのままEAを回している状態を続けているだけですが。




では、その後、どんなことがあっても、稼動し続けるか?




当然、成績が厳しくなってきたら、やはり、止めて、EAを入れ替える必要があると思います。



どのタイミングで入れ替えるのか?




Kiraの場合は、バックテストの結果で出た最大ドローダウンを基準とします。

最大ドローダウンを超えたところでEAを入れ替えるのです。




入れ替えるということは実行候補のEAをいつも用意しておく必要があります。

実行候補のEAというのは、バックテストでOKを出したEAのことで、そのEA数多く用意していきます。




これが、今のところのKiraのスタイルです。参考になさって下さい。


これはというものが出てきましたら、またご紹介させていただきます。


前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。