FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。

FX EA 初心者の方へ

当ブログについて

当ブログは、私の経験を元にしたFXの記録です。


FXの基礎や勉強している中で気づいたこと、有用な考え方、経済ニュース、発表された経済指標のご紹介をします。
そして、タイトルにありますEAの検証記事を随時発表していきます。

なにぶん、すべてが初めてですので、良く言えば辛口、つまり常識外れの記事をアップしたり、初めはこう書いているのに知識と経験の蓄積の後、内容が変わったりしますがご了承ください。

また、ご意見、ご感想とかございましたら、是非、メッセージをお送りください。

Kira Hermesへのお問い合わせは

kirakawa21☆gmail.com

(☆を@に変更してください)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検証中のEA
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!
なでしこFX                  評価:お気の毒なEA!


当ブログ重要記事
EAについて


今回のキーワードはテクニカルです。





キーボード






入り口と出口ルールをテクニカル分析に基づいて定めた取引のスタイルです。





テクニカル指標⇒何らかの売り買い、決済


ということです。





テクニカル指標からどうしたいか?





よく聞くキーワードは


・トレンドフォロー(順張り)

  通貨のトレンドを確認した上で、その流れに従って取引をする手法です。

  基本的には上昇トレンドであれば買い、下降トレンドであれば売りということになると思います。






・カウンタートレンド(逆張り)

  トレンドフォローと逆で、通貨のトレンドを確認した上で、その流れに逆らって取引をする手法です。

  単純に上昇トレンドであれば売り、下降トレンドであれば買いですと大損ですが、上昇トレンドの頂点手前で売りポジションを入れれば、次の瞬間に下降トレンドに向かいますし、下降トレンドの底手前に買いポジションを入れれば、次の瞬間上昇トレンドに向かいます。


持ち合い相場で用いられやすいです。





・ブレイクアウト

  ある一定ラインを超えた時に取引をする手法です。

  例えば、サポートライン、レジスタンスラインを超えた時に売り・買いポジションを持つということです。





・押し目買い

  上昇トレンドで一時的に下がることを「押し目」。その時を狙って買うことを「押目買い」と言います。





・戻り売り  

  押し目買いの逆で下降トレンドにおいて、一時的に上がる時を狙って売ることを言います。




テクニカル分析も、一般的な移動平均線やボリンジャーバンド、RSI、RCIなどを用いるだけでなく、オリジナルのインディケーターを用いるEAもあります。





荒れている相場に勝ち続けるだけのEAのロジックは、単純ではなくなってきているかもしれません。

そのため、テストからロジックを割り出すはだんだん難しくなってきました。



それでも



できるかぎり、自分自身でわかると、自分でパラメーターの設定が可能となり、この相場の荒波を越える力がつくのではないでしょうか!!



----------------------------------

現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX



特典記事


前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト
検証中の EA
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!


当ブログ重要記事
EAについて


ロジックシリーズでは、一番、最初に書くべきことでしたが、気になったので書きます。



まだまだ、EAの仕組みがイマイチわかっていないものが基本的なところといって書いていいものかどうか???


ツッコミどころ満載ですが、よろしくご指導ください!!(;^_^A




デジタル





EAの紹介ページの載っていますバックテストの履歴を見ますとEAの戦果が載っています。




この表の取引種別を見ますとEAの動きがわかります。




sell か buy


modify 


t/p か s/l か close




これをコントロールすれば取引ができるわけです。




エントリー



修正



決済



です。




エントリーでは、売りなのか買いなのか


修正では、t/p か s/l の設定


で決済という流れです。



決済も、t/p か s/l なら、その数字に至れば、それで決済。closeは、その数字に至らずとも強制決済。



ということです。




このあたりがわかってくるとバックテストでなんとなく、ロジックが見えてきます!!





あと


どのようにエントリーするか?…入り口ルール(エントリールール)


どのように決済するか?…出口ルール(エグジットルール)


と言ったりします。




EAのロジックは、この入り口ルールと出口ルールで出来ているとも言えます。





手動取引の時の自分ルールは、この入り口ルールと出口ルールを決めることになります。




このEAのどんなロジックなのだろう?


と考えたら


このエントリーと決済のところを確認すればいいわけです。




Kiraもまだまだ初心者ですので、これからもバックテストを行い、テスト結果を分析することを通して、ロジックとは何たるかを探っていきたいと思います。



----------------------------------


現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX



前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>

検証中のEA
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!


当ブログ重要記事
EAについて


今回のキーワードはスキャルピングです。




パソコン




スキャルピングとは、デイトレードよりも短い数十秒~十数秒で、数銭(pips)のわずかな利益を積み上げていく投資方法です。






スカルピングあるい単にスキャルと言ったりします。





スキャルピングの語源は、頭皮(スキャルプ)から生まれました。

頭皮の新陳代謝は、薄い角質が何度も剥がれ落ちるように、スキャルピングも薄い利益を重ねていきます。






スキャルピングは、その得られる利益幅が狭いので、通常の取引よりも高いレバレッジで取引を行います。




スキャルピングを行うにあたっての注意は、手数料とスプレッドです。



1回のトレードで得られるのは薄い利益ですので、手数料とスプレッドが高いとかなり負担になります。




ということは、スキャルピングを行うのなら、手数料とスプレッドの低いFX会社を探す必要があります。




スキャルピングは、FX会社を特に注意してください。



------------------------------


現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX



前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
検証中のEA
クロスファイア FX    暫定評価:優良!!EA


当ブログ重要記事
EAについて


今回のキーワードはマーチンゲール法です。




ラスベガス


マーチンゲール、マーチンゲール法、マーチンゲールの法則、どれも同じ意味です。





マーチンゲールは、カジノのルーレットで行われたとのことですが、



勝てば賭け金と同額が得られるような考えて



1.赤に1ドルをかける  

  勝ち⇒ 1ドルを得る … 1.に戻る(赤に1ドルをかける)

    (元金1ドル+勝ち分1ドルの総合計2ドル)

          ↓    

     1.に戻る(赤に1ドルをかける)  

             


  負け⇒ 1ドル失う(総合計-1ドル) 

    ↓

2.赤に2ドルをかける  

 勝ち⇒ 2ドルを得る 

    (元金2ドル+勝ち分2ドルから1.の1ドル負けを引いて、総合計3ドル)

             ↓    

     1.に戻る(赤に1ドルをかける)     


  

 負け⇒ 2ドルを失う(1.の1ドルと2.の2ドルで総合計-3ドル) 

    ↓

3.赤に4ドルをかける 

 勝ち⇒  4ドルを得る 

     (元金4ドル+勝ち分4ドルから1.の1ドルと2.の2ドルを引いて、総合計5ドル) 

              ↓    

     1.に戻る(赤に1ドルをかける)  



 負け⇒ 4ドルを失う(1.の1ドルと2.の2ドルと3.の4ドルの総合計-7ドル)

    ↓

4.赤に8ドルをかける

 勝ち⇒ 8ドルを得る 

 (元金8ドル+勝ち分8ドルから1.の1ドルと2.の2ドルと3.の3ドルを引いて、総合計10ドル) 

       ↓    

     1.に戻る(赤に1ドルをかける)


 負け⇒ 8ドルを失う(1.の1ドルと2.の2ドルと3.の4ドルと4.の8ドルの総合計-15ドル)

  ↓

ずっと続く!!





順番に書きましたがわかりますか?





つまり、負けたら、倍のロットでかけ続けていく。勝つまで。勝ったら、最初にロットで再スタート。


ということです。


もちろん、勝つまでやりますから、最終、勝つんです!!





しかし、これ、負けたらポジションを増やしているわけで、ナンピンみたいですね!!



ナンピンは基本負けたら、ポジションを増やす。



マーチンゲール法は、負けたら、ロットを倍にする。






ということです。







まあ、やっていることは同じですので、マーチンゲール法もナンピン同様負け続けたら、資金がかなり必要となるだけでなく、いつかは口座が破綻することになります。





その前にFX会社の強制ロスカットに見舞われるでしょう!!



ナンピンもマーチンゲール法もしっかりした資金管理が必要です。



----------------------------------


現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX



前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
検証中のEA
クロスファイア FX   暫定評価:優良!!EA


当ブログ重要記事
EAについて


先回の記事(EAについて) でEAの種類についてご紹介しましたが、もう少し掘り下げて、一般的なロジックの取引スタイルについてご紹介したいと思います。





Kiraは、とにかく成績さえ出れば、ロジックとか取引スタイルなんてあまり関心はなかったのですが(というかどのEAもスイッチさえ押せば、稼いでくれると考えていたので(;^_^A)、勉強はしていませんでした。





ただ、バックテストで実際、ドローダウンの値が深かったり、負けが込んでくるといったいこのEAはどうなってんねん!!と考えるので、予めある程度の知識があると安心とはいえないまでも、納得できる内容があるのではないでしょうか?




株価



毎回、1つのキーワードをご紹介します。


今回はナンピンです。






漢字で難平(なんぴん)と書きます。




ポジションを持ったら、レートが下がってしまったとします。そのポジションを維持しながら、下がったレートでポジションを持つことをナンピンと言います。




また、下がってしまえば、また、下がったレートでポジションを持ちます。








文章だとわかりにくいので、例をあげてみます。




エントリーで

USDJPY(ドル円)を1ドル=90円で1通貨買いました。


90X10,000=900,000円ですね。




ところが、




1ドル=80円に下がってしまいました。




90X10,000=900,000円 ⇒ 80X10,000=800,000円  



この時点で100,000円損してしまったんですが、





ここで、ポジションを追加します。USDJPY(ドル円)を1ドル=80円で1通貨買い増ししました。



すると



80X10,000X2=1,600,000円


となります。



これで



1ドル=85円に戻したら





80X10,000X2=1,600,000円 ⇒ 85X10,000X2=1,700,000円




となり、ここで100,000円の利益が出たことになります。





損をして分を差し引いて損益はトントンになったわけです。





このような仕組みがナンピンです。








実際のEAでは、ポジションを増やす時にロット数も増やして、下がっても必ず利益を出す!!

という決意あふれるEAもあるようです。










ただし、いずれ、レートが戻るというのを前提にしていますので、



下がった⇒ポジションを増やす⇒下がった⇒ポジションを増やす⇒…




なんてやっていたら、資金がかなり必要となるだけでなく、いつかは口座が破綻することになります。





大抵はポジションも無限大に持てるわけでなく、最終的にロスカットが入るようになっていると思います。





以上でナンピンの説明を終わります。



------------------------------


現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX



前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。