FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。

FX EA 初心者の方へ

当ブログについて

当ブログは、私の経験を元にしたFXの記録です。


FXの基礎や勉強している中で気づいたこと、有用な考え方、経済ニュース、発表された経済指標のご紹介をします。
そして、タイトルにありますEAの検証記事を随時発表していきます。

なにぶん、すべてが初めてですので、良く言えば辛口、つまり常識外れの記事をアップしたり、初めはこう書いているのに知識と経験の蓄積の後、内容が変わったりしますがご了承ください。

また、ご意見、ご感想とかございましたら、是非、メッセージをお送りください。

Kira Hermesへのお問い合わせは

kirakawa21☆gmail.com

(☆を@に変更してください)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX取引は、数字ばかりですね!
ですから、初心者もこの数字を理解すれば、本格的に取引を始められるわけです。

今回はその中から、時間を取り上げてみます。



外国為替市場は世界中にあるために24時間取引されています。

そして、
米国標準時間の適用期間中:月曜日午前7時~土曜日午前6時45分
米国のサマータイム期間中 :月曜日午前7時~土曜日午前5時45分

※ブローカーによって変わります。月曜日はほぼ7時スタートですが、土曜日が6時40分、サマータイム5時40分と微妙に違ったりします。


そして、世界に通貨を扱います。



FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-時計台



そのため、気をつけなければならないのは、各ブローカーや各システムなどよって時間表記がまちまちだったりします。




日本語表記のものには日本時間なんて表記はなかなか出てきませんが、米国標準時間とかニューヨークタイムとかです。





注文日時は、約定日時、チャートの横軸や、逆指値や指値の有効期限とか時間が出てきますので、予め、ブローカーのパンフレットとかホームページで確認し、よく理解しておくと良いと思います。



特に、海外ブローカーで口座を開設された方は、よくよく調べておいてくださいね!!







Kiraの場合、メタトレーダー4のチャートの横軸に悩まされました。


例えば、どこかの金融政策の発表がありましたら、その前後の値動きを見たいですよね?
Kiraの場合、同時にロイターなどの為替ニュース等を合わせて確認します。


その値動きをメタトレーダー4のチャートで該当に時間で確認を取ろうとするのですが、”あまり関係ないのかな?”と思っても、ロイターなどでは大々的に載せてたりするのです。


しかし、ロイターの数字をチャートで見ても、”あれ、ぜんぜん、合ってない!!”ということになります。


やはり、FXDD社の所在国から考えて、米国標準時間なのか?!

と考えていました。




しかり、FXDD社の”メタトレーダーに関するご質問” にありました!!


答えは

ロシアの時間を基準にしています。

夏時間 メタトレーダーはGMT+2 (ロシア時間です) 日本時間-7 です

標準時 メタトレーダーはGMT+3 (ロシア時間です) 日本時間-6 です

でした。

つまり、メタトレーダーを開発した「MetaQuotes社」の国ロシアだったわけです。

ロシアの旅行ガイド
このロシア の写真はトリップアドバイザーから無料提供されています

このように、ブローカーの所在国なのか?

それとも口座開設者の国だったり、FXの基準とされるニューヨークだったり、プラットフォームの国だったりとするわけです。


すべてはブローカーに、そこにあるプラットフォームに、(そしてEAの使用する人はそのEA)に依存することになります。




ある時間を見て、これはロシア時間だから、日本時間は?、米国標準時は?
とすぐに計算できない方は(Kiraはそうです(⌒・⌒)ゞ)、換算表を作成して、いつも目にふれるところにおいておくと便利かもしれませんね!!


FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-linel

応援(クリック)お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
裁量トレードというのがあります。
皆さんの話が聞きますといろいろな定義がありますが、感覚的にその場で判断して売り買いをするトレードのことです。




基本的には
安く買って高く売るあるいは高く売って安く買えば利益が出るわけです。



なんですが、値動きがあるために、そんなに簡単にはいきません。


上がるつもりで安く買った。ところが、またまた、下がってしまったとか。
下がるつもりで高いところで売った。ところがますます上がったとか。


想定外のことが起こるわけです。




そのようなことを見越して


何々ならば こうする
というルールを予め、自分で作っておくわけ
です。



これを私は自分ルールと読んでますが、皆さん売買ルールとかいろいろ呼ばれているようです。



特に損切り(ロスカット):想定外なことが起こり、損が発生している時に見切り売りをしてその損を確定すること

そして

利食い:現在確立しているポジションで利益が出ている場合、それを早めに売り、利益確定させること



また、ポジションも持ち方をルール化する人もいます。



ポイント
・トレードを始める前にじっくり考え、ルール化する。
・気づく度にバーションアップさせる。




そして何より重要なのが



・自分の感情、気持ちに惑わされず、淡々と機械的に実行する!!



そうです。
当初の裁量トレードの意味合いからすると違ってきますが、



多くの方が採用しています。



皆さんも自分にあったルールで勝ち残ってください!!



FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-株価

FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-linel
応援(クリック)お願いします!!
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

相場をするのに、意識したいのが、損小利大の原則資金管理です。


1.損小利大の原則:損失は小さいうちに切って、利益は大きく伸ばすという原則です。

  利大は言うまでもありませんが、ここで特に意識したいのが、損小のところです。
  
  いわばリスク管理です。
   
  リスク管理は、リスク回避リスク限定に分けられます。

  もちろん、リスク回避をして、リスク限定の順ですが、大抵は施策としては同時に行うことになると思います。

  リスク回避:あらかじめリスクを予測し、避けることです。
            怖いものに手を出さないということです。


  相場の世界では、いつも怖いものに手を出さなかったら、利益を出すことは難しいでしょう。
  そのため、次にリスク限定が重要になります。

  リスク限定:リスクを計算し、限定させておくことです。
     自分は一回の損失はどのくらい許容できるか計算しておきます。
     そしてその損失は何回までか?
     何回までなんて考えるようになるとレッドカードの可能性を考えなければならないと思います。


            必ず、損きりポイント(ストップロス)を設定する。
            ポジション量とレバレッジを計算しておく。

            などの施策となります。

2.資金管理:最初の投資額の検討そしてその資金のコントロールです。
      リスク限定のところで一回の損失の許容量と回数は、最初の資金から算出できます。


      一番のポイントは大きく損をしないことでしょうか!!


   そのために多くのトレーダーは自分ルールを作っています。
   
   次回はこの自分ルールについて書きます。


FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-為替相場

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。