FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。

FX EA 初心者の方へ

当ブログについて

当ブログは、私の経験を元にしたFXの記録です。


FXの基礎や勉強している中で気づいたこと、有用な考え方、経済ニュース、発表された経済指標のご紹介をします。
そして、タイトルにありますEAの検証記事を随時発表していきます。

なにぶん、すべてが初めてですので、良く言えば辛口、つまり常識外れの記事をアップしたり、初めはこう書いているのに知識と経験の蓄積の後、内容が変わったりしますがご了承ください。

また、ご意見、ご感想とかございましたら、是非、メッセージをお送りください。

Kira Hermesへのお問い合わせは

kirakawa21☆gmail.com

(☆を@に変更してください)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンダメンタルズ派の皆さんはもちろん、テクニカル派の皆さんも主要なマーケットニュースは欠かさず、ご覧になっていると思います。





Kiraも勉強を初めて時は、為替は、経済指標を見れば良いと思っていたのですが、各国中銀総裁の発言や中銀や各国の金融政策、戦争やテロやはたまた天災まで…

経済指標だけでもたくさんあるのに、それ以外もと言えば、普通にすべてのニュースを見なければならなくなり、FXをやるどころか、ニュースをこなすだけで1日が過ぎてしまいます。




FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-為替相場




マーケットニュースは、実際の数字-関連ニュースを並べて書いてるものも多いのですが、

・これだけではないでしょう?

とか

・これを言うなら、こちらのニュースの方が影響力があるんじゃないですか?


なんて、初めて1~2ヶ月しか経ってない初心者が心の中でツッコミを入れたりもしてます。σ(^_^;)






よくよく考えてみれば、今、この時点の為替の数字は

さまざまなニュースに対して反応した全世界の投資家を含めた利害関係者の行動結果

ですので、

どれが正しいと決めることは本当は難しいのですね!!






その中でも、できるだけ反応の高いニュースを探し出して、投資に役立てたいですよね!!




FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-USD



kiraがやっていることをご紹介します!!







Kiraの場合、ニュースチェックは、ロイターを中心に行なっています。(他にはウォール・ストリート・ジャーナル他を見ています)


そのロイターのサイトの中から

ホーム>マネー>外国為替

に行き、〔外為マーケットアイ〕というのを見ます。

時間を降順に(上に行けば行くほど新しく、下に行けば行くほど古い)、為替の動きと共にそれに関連するニュースを載せています。

例えば13日の〔外為マーケットアイ〕 をみますと






12日のIMFのラガルド専務理事の講演の話が載っています。

<内容>
計画しているIMFの融資能力増強に関して、追加財源の必要額を引き下げる可能性があるとの見解を示した。
ロイターより
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJE83B01J20120412


ということは、ロイターはこの時の為替の動きと”IMFのラガルド専務理事の講演”の関連をなんらか感じていたということです。





これを見ることによって、何が為替相場に影響を与えてるかがなんとくわかってきます。




また

よく、マーケットニュースでは

を受けて、円は急落した」

と記事が載っていたりしますが、この時のの部分が、注目点だとわかります。







これを繰り返すことによって、どんなニュースが相場に影響を与えるかというのがわかってくるのではないでしょうか?


ただし


これは、このニュースの発信元の見方なので、一ヶ所だけを繰り返し見ていると、そのニュースの考え方だけがわかるということになりますので、いろいろなニュースから読み取る必要があると思います。




実は今回

バーナンキ米FRB議長がニューヨークで「危機と政策対応に関する考察」と題しての講
ロイターより
http://jp.reuters.com/article/jp_fed/idJPJT811472420120413





3月米消費者物価指数(労働省)
ロイターより
http://jp.reuters.com/article/economicNews/idJPJT811452820120413


について記事にしようかと思いましたが、どうもロイターの中でもパッとしないので取り上げませんでした。


よくよく見ると
バーナンキ議長の今回の講演は、
米経済見通しや金融政策については言及せず、「FRBや他の中銀は、金融安定の促進を金融政策の運営と並ぶ最も重要な政策の優先課題とする必要がある」との見解を示した。


ということは

9日のアトランタ地区連銀主催の会合で講演 と同じだったと!!



そして



3月米消費者物価指数(労働省)
3月米CPIは+0.3%で予想と一致、ガソリン価格が上昇したものの、電力価格の下落がこれを一部相殺する格好となった。


ということで

特別なサプライズはなかったと!!(インフレ率の問題はあるものの)




この2つの内容はマーケットに影響を与えるものでは無かったと判断されたということでしょう!!



本当にニュースと相場の関連を読み解くのは簡単ではないですね!!



FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-ニューススタンド


FX-Kira Hermes の EA徹底検証!!-linel
応援(クリック)お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
今回は経済・金融についての理解を深めるために先回使いました"マクロ視点←→ミクロ視点"を再び持ち出してみました。



最近、ニュース記事を読むとどうしても、すべて為替相場を考えてしまいます。FXの職業病なんでしょうか?f^_^;
為替は、経済を理解するための一つのファクターであって、ゴールではありません。



経済や金融を理解するためには、為替を含め、.いくつかのファクターを理解し2.そのファクターの繋がりを理解していると、経済ニュース等が理解しやすいのではないでしょうか?!


そのファクターとは


1.経済政策

2.景気

3.金利

4.為替

5.株価

6.物価


です。

一つのファクターに変化があった場合、他のファクターの影響を考えてみます。

すべて、関連性があるからです。

例えば
景気が上昇すると
→金利上昇
→為替相場上昇
→物価上昇
→株高

景気が過熱すると
→金融引き締め→金利上昇→景気にブレーキがかかる
                  →物価下落
                  →為替相場上昇

という感じです。


最初は、ミクロ視点で個別に確認しながら次にマクロ視点で他の関連性を見れば良いと思います。


参考にしてください!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。