FXを最近始めたKira Hermesが、素人目でフリーEA、優良EAを徹底検証!!その他EA以外にも、FX自体のこと、経済指標、ニュースなど幅広く取り上げます。

FX EA 初心者の方へ

当ブログについて

当ブログは、私の経験を元にしたFXの記録です。


FXの基礎や勉強している中で気づいたこと、有用な考え方、経済ニュース、発表された経済指標のご紹介をします。
そして、タイトルにありますEAの検証記事を随時発表していきます。

なにぶん、すべてが初めてですので、良く言えば辛口、つまり常識外れの記事をアップしたり、初めはこう書いているのに知識と経験の蓄積の後、内容が変わったりしますがご了承ください。

また、ご意見、ご感想とかございましたら、是非、メッセージをお送りください。

Kira Hermesへのお問い合わせは

kirakawa21☆gmail.com

(☆を@に変更してください)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検 証 結 果
    クロスファイア FX              評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX評価:高リスク危険!!
  なでしこFX              評価:お気の毒なEA!
  FXコアパート1 パート2 評価:危険EA!!
   SunSetFX              評価:安全な損小利小のEA!!
   新世代 FX王 No.4         評価:能力不明なEA!!
   FX孔明トレンドハイ         評価:不安が残るEA!!
   ガイアFX パート1  パート2  評価:危険EA!!
   FX孔明トレンドハイ        評価:不安が残るEA!!
   WillPower FX           評価:危険EA!!
   HUAUForex.EA AQUA  評価:危険EA!!
   SECURITY FX【セキュリティFX】                      
               評価:損小利小あるいは損大利大なEA!!

特典記事


当ブログ重要記事
EAについて

連日、米主要経済指標が発表されました!!


1日:
1130GMT 10月米企業人員削減数(チャレンジャー社)
1215GMT 10月全米雇用報告(ADP)
1230GMT 米新規失業保険申請件数(労働省)]
1230GMT 第3・四半期米労働生産性・単位労働コスト速報値(労働省)
1258GMT 10月米製造業PMI改定値(マークイット)
1400GMT 9月米建設支出(商務省)
1400GMT 10月米ISM製造業景気指数(ISM)
1400GMT 10月米消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
1500GMT 米財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札条件

2日:
1230GMT 10月米雇用統計(労働省)
1400GMT 9月月米製造業新規受注(商務省)

作業場


一連の米経済指標、労働市場の緩やかな改善示す 製造業の回復はまちまち

ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/economicNews/idJPJT823170220121101



全般的に緩やかな改善をしましました!!




10月米雇用統計、非農業部門雇用者数は予想上回る17.1万人増
ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE8A100A20121102?rpc=188&pageNumber=1&virtualBrandChannel=0


非農業部門雇用者数が前月に比べて17万1000人増加し、予想の12万5000人増を上回った。
失業率は7.9%と、前月の7.8%から上昇。ただ、上昇は職探しを再開した労働者が増えたことが背景で、予想と一致した。


全般的に、経済指標は、良い方向を示したため、ニュース記事としては、オバマ大統領の追い風となると書いていますが、支持率は拮抗した状態のままです。



あと、ハリケーン「サンディ」がどう影響するか?


「サンディ」の死者40人に、NY市に大きな被害
ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/newsOne/idJPTYE89T0A220121031?rpc=188


災害対応の仕事はオバマ大統領の仕事なので、オバマ大統領が有利ですが、ハリケーン「サンディ」が来て、まだ1週間余裕があるので、オバマ大統領の対応が有権者にどう映るかが問題となります。


さて、このまま、6日の投票日を迎えます!!

皆さんはどう予想されます?
------------------------------  
  
クロスファイアの検証記事はこちら


前回の関連記事

何か、一つでも、気づきがありましたら、応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

FXシステムトレード ブログランキングへ
スポンサーサイト
検 証 結 果
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!
なでしこFX                  評価:お気の毒なEA!
FXコア パート1  パート2    評価:危険EA!!
SunSetFX      評価:安全な損小利小のEA!!
新世代 FX王 No.4      評価:能力不明なEA!!
FX孔明トレンドハイ      評価:不安が残るEA!!
ガイアFX パート1  パート2    評価:危険EA!!

特典記事

当ブログ重要記事
EAについて

米労働省が5日発表した9月の雇用統計は、失業率が2009年1月以来約4年ぶりの低水準となる7.8%に低下した。オバマ大統領の再選に追い風となる可能性がある。
ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE89400H20121005

仕事場

最近、発表されるものがすべて大統領選に影響をあたえるような雰囲気ですね!!
特に雇用は、連邦準備制度理事会(FRB)の最大関心事であると同時に大統領選の最大の目玉の一つです!!

9月の失業率が低下したということで"オバマ大統領の再選の追い風"という言葉はマスコミで踊っていました。


一度は、TV討論会でポイントを失ったオバマ大統領ですが。
ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89401Q20121005





雇用統計の発表を受け
ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE89401220121005


オバマ大統領:米国が大きく前進した証拠であり、後戻りすべきではないとの見方を示した。

ロムニー氏:経済は依然ぜい弱で、求職断念者を含めれば失業率は11%に近い水準と反論。「実態を正確に表していない」とした。




5日の世論調査ではロムニー氏がポイントアップしました。 ただ、5日発表なので、雇用統計の内容が折り込まれているかどうかわかりませんが。
ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89406N20121005

アメリカ国旗


すでに支持率が拮抗してきましたので、今後発表されるものは、直接、大統領選の数字に影響を与えるでしょう!!

------------------------------
 クロスファイアの検証記事はこちら

何か、一つでも、気づきがありましたら、応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

FXシステムトレード ブログランキングへ
検 証 結 果
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!
なでしこFX                  評価:お気の毒なEA!
FXコア パート1  パート2    評価:危険EA!!
SunSetFX      評価:安全な損小利小のEA!!
新世代 FX王 No.4      評価:能力不明なEA!!
FX孔明トレンドハイ      評価:不安が残るEA!!
ガイアFX パート1  パート2    評価:危険EA!!

特典記事

当ブログ重要記事
EAについて


米供給管理協会(ISM)が1日発表した9月の製造業部門景気指数は51.5で、5月以来初めて景気判断の分かれ目となる50を上回った。
ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE89001D20121001
 

煙突



50を上回ったとはいえ、国内外で安心といえる数字が見当たりません!!


国内:9月の米製造業PMI改定値が3年ぶり低水準

    (ロイターより)
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE89001B20121001



海外:
ユーロ圏と中国の製造業PMIは引き続き50を割り込んでおり、政府・中銀の景気支援にもかかわらず、世界経済が低迷から脱して切れていない現状が浮き彫りとなった。
 
   (ロイターより)

   http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89005O20121001?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0



まだまだ、米国が世界経済のけん引役にはなれません。来年は、自国への爆弾投下(財政の崖)を控え、厳しいものを感じます!!

------------------------------


現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
 
検 証中のEA
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!
なでしこFX                  評価:お気の毒なEA!


特典記事


当ブログ重要記事
EAについて


米労働省が3日、7月の雇用統計が発表されました。



・非農業部門雇用者数が16万3000人増と、過去5カ月で最も大幅な伸びとなった。

 事前予想の10万人を上回った。



・失業率が8.3%に上昇した。



ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT820949520120803





星条旗




かねてより、米連邦準備理事会(FRB)と市場の注目は、量的緩和第3弾(QE3)の材料になるかということですが、今回は、+用件とマイナス用件が同居したため、判断しずらい状況になっています。





9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和第3弾(QE3)の実施を予想すエコノミストの割合が増えてきましたが、Kiraは、バーナンキ議長は悩んでいると思います。




9月のFOMCまでに2回の雇用統計と8月14日の小売売上高の3つの指標で判断することになると思います。



そして、9月のFOMCの前に、8月末にワイオミング州ジャクソンホールでのスピーチで中間発表ということになると思います。






米連邦準備理事会(FRB)は、国内指標だけでなく、あと2つファクターを意識しなければならないと思います。









1.ドイツの賛成をどう勝ち取るかが問題ですが、9月のECB理事会での立てられる政策に対して、見えない駆け引きをすることになると思います。




2.目の前に控えた米大統領選です。FRBを厳しく見ている共和党は、意識せざるを得ません。





さて、市場では



今回の雇用統計の結果受けて、好感が持たれました。もともとの予想で非農業部門雇用者数が10万人行かない予想で、嫌悪感予想でしたので。

ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/forexNYMarketReport/idJPJT820946920120803




ただ、対ユーロでは、ECB理事会の結果の失望感が好転しているため、ユーロドルは上がっています。

ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/bizforex/idJPTYE87206Y20120803



というような状況でした。





次は8月末にワイオミング州ジャクソンホールでのスピーチです!!
----------------------------------



現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX


前回の関連記事


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
検証中のEA
クロスファイア FX       暫定評価:優良!!EA
がんばれニッポンゴールドFX 評価:高リスク危険!!
なでしこFX                  評価:お気の毒なEA!


特典記事


当ブログ重要記事
EAについて


米商務省が27日、第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値を発表しました。




アメリカ




第2四半期の米GDP速報値は前期比1.5%増、消費大幅に鈍化

ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPTJE86Q00820120727




統計

ロイターより)

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT817200420120727





ますます、景気回復策を求める声が大きくなるでしょう!!




ただ、量的緩和第3弾(QE3)実施はまだ遠いと思われますが、この数ヶ月のうちに何か手を打たないといけなくなると思います。

米連邦準備理事会(FRB)の政策の手詰まり感を、多くの人が指摘し始めてきましたので、信頼回復しなければならないからです。





政府としても、11月の大統領選を前に、景気悪化は、2期を目指すオバマ大統領には、痛いところでしょうね!!





来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)は静かだと言う声もあれば、量的緩和第3弾(QE3)を検討しているといううわさもあり、投資家としては判断に困るところです。






Kiraの市場の予想ですが、いつもの通りの発表前は静かで、発表後は若干の値動きはあるもののすぐにおさまるのではないでしょうか?


----------------------------------


現在稼働中のEAは
    クロスファイアFX


ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。